おからクッキーダイエットで太る

おからクッキーのダイエットで太る人から学ぶ正しい方法

[太る事例1] おからクッキーを食べすぎる

1食置換えダイエットとして、1食をおからクッキーに置換えて食べるとこまでは良いのですが、 たまに、おからクッキーを食べすぎちゃう人がいます。
例えば、神林堂さんの「豆乳おからダイエットクッキーバー」であれば、1個92kcalで、2~3個で満足してほしいところですが 7個とか8個とか食べちゃう人がいて、そんな人はダイエットとしては失敗に終わり太る傾向にあります。
美味しいから気持ちは分かりますが、200kcalぐらいに抑えると良いと思います。
神林堂さん以外のおからクッキーは、小さめが多く、だいたい30kcal前後なので、6~8枚程度に抑えるのがよいでしょう。

[太る事例2] おからクッキーを間食として食べている

1食置換えではなく、3食しっかり食べたうえで、おやつとしておからクッキーを食べているという人もいます。
ダイエット目的ではなくて、おやつを健康的なものに置換えるという目的であれば成功ですが、ダイエットとしてはうまくいきません。
ただし、食事前に、おからクッキーをたっぷりの水と一緒に2枚ほど食べておいてから食事すると、食欲が抑えられるのでうまくいく可能性はあります。

[太る事例3] リバウンド

1食置換えダイエット等の食事主体のダイエットは、ほとんどの人は体重が落ちて一時は成功したものと思いますが、 多くの人は、おからクッキーをやめた途端 リバウンドしてしまう人が多いです。
リバウンドする原因は、ダイエット中に体重が減るだけでなく、筋肉も減ってしまったことによる基礎代謝量の減少です。
このリバウンドを防ぐ方法はダイエット中の筋力トレーニングです。
ダイエットの基本は、食事制限と運動です。
おからクッキーによる食事制限だけで成功すると思いがちですが、運動も同じくらい大事です。
ダイエット中に筋力トレーニングすることで、体重の減少は緩やかになりますが、筋肉量を保ったまま体脂肪だけを減らせます。

楽天のランキングから買うのがおすすめ

楽天市場の豆乳おからクッキーの週間売上ランキングを見て買うのが間違いなしです。
このようなダイエットで食べるクッキーは、リピーターが多いショップから間違いないです。
みんな買っているものは、必然的にランキング上位となりますので、 下記リンクから売上ランキングを見て上位のものから優先的に考えるとよいでしょう。


◆ 楽天で豆乳おからクッキーの週間売上ランキングを見る