タイピング無料ゲームセンター
TOPタイピング上達法>タッチタイピングの基本

タッチタイピングの基本


(1)ホームポジション

タッチタイピングの基本中の基本が、ホームポジションです。
具体的には、『F』と『J』のことで、キーボードを見ると、『F』と『J』だけ凸部があることが分かると思います。
『F』には、左手の人差し指を、『J』には、右手の人差し指を常に置いておくということです。
つまり、右手の人差し指で『J』のすぐ上の『U』を打ったとしても、すぐ『J』に戻すということです。
キーボードを見ないので、今自分の指がどこにあるか把握するには一番いい方法だと思います。
タッチタイピングをマスターした ほとんどの人が実践している方法です。

最上段の数字・記号キーについては様々な割り当てが提唱されているので、絶対これがいい!
というものは存在しませんし、キーボードの種類や人により違います。
下図は一例ですが、左手人差し指を「4」「5」とし、右手人差し指を「6」「7」とする人も多いようです。
自分のやりやすい方を選択すればよいです。

キーボード

(2)ローマ字入力とかな入力

『ローマ字入力』と『かな入力』で迷っている人がいたら、 間違いなく『ローマ字入力』を選びましょう。
慣れていない頃は、どちらで入力しても、それほどのスピードの違いはないかもしれませんが、
慣れたら、絶対『ローマ字入力』の方が早いです。
キーボードのローマ字とかな文字を見てください。
かな文字は、一番上の段にまで文字がありますよね? つまり4段という広い範囲を指が動きます。
でもローマ字であれば、 一番上は数字ですので、ほとんどの文章は3段で済みます。


タッチタイピングの実践>>

はじめに | 心掛けと準備 | 習慣にしよう! | 上達するコツ | タッチタイピングの基本 | タッチタイピングの実践

 
コンサートチケット