スピッツ歌詞研究室 オリジナル小説
スピッツ歌詞TOPオリジナル小説目次>eternal1

eternal1 by ナナ


初心者マーク【5】


 不意に意識が覚醒する。
 ユウトは汗をかいていた。まるで、悪夢を見たときのように。
 外の桜を眺める。
「何なんだ……?」
 外の異常に気付いてカレンダーを見る。日めくりカレンダーは五月十日。
「そんな………」
 震える身体を抑えて、ベッドから飛び上がる。今まで抑えられていた嗅覚や聴覚、触覚といった感覚器官が目覚める。
 鼻では吐き気を催すエタノール臭をキャッチする。肌では利きすぎているクーラーの冷気を感じる。目では白い天井と若葉の生い茂る桜の木を捕らえる。
 身体はまだ震えている。
「そうだ………」
 この部屋を出てしまえばいい。そうすれば、この幻を否定できる。
 ゆっくりと部屋の出口に向かう。ドアを開け、部屋の外を見る。
「……まじか…」
 その幻はあっさりと否定された。ユウトはそれを受け入れるしかなかった。
 ドアの脇のネームプレートには〈深谷ユウト〉と書かれた紙が挟まっていた。

「先生、深谷ユウトが目を覚ましました」
 ミノリは耳をピクッと動かす。何かの聞き間違いかと思った。
「え?」
 遅れて聞き返す。幸せとは、いきなり訪れるものだ。
「深谷ユウトが目を覚ましたそうです」
 数日前からそんな兆候はあったが、まさかこんなに早いとは思っていなかった。
「じゃあ、ちょっと診てくるわ」
 そう言い残して、診察室を後にした。

 ベッドの上に大の字になる。いくらもがいても、変えられない現実だった。
「俺は精神病棟にいたってわけか……」
 鳥籠の中の鳥と同じで、主の許しがなければ飛ぶことは出来ない。
 もう、全てのことを思い出していた。ここにいる理由や、彼女のことも。
 部屋には誰もいない。僕一人だった。
 部屋にテレビがあるわけでもなく、ただ無音と白い世界が広がっているだけだ。
「はぁ〜」
 声を上げてみるが、音は壁に吸収されるかのようにすぐに消えた。
 コンコン。
 ノック音がして、音もなくドアが開く。
「あら……」
 聞き慣れた声がする。
「ミノリ先生…」
 僕は〈先輩〉ではなく〈先生〉と言った。それはもちろん、ここが病院だと分かったからだ。
 ミノリはさほど驚いた様子ではなかった。むしろ、ホッとした様子だった。
「本当に戻ってきたのね……」
 全てのことを思い出してから、僕はあることが気になっていた。
「ミノリ先生」
「何?」
 ミノリは穏やかな笑みを浮かべて言う。
「アオイは…どうなりましたか?」
 僕が眠っていた四ヶ月間のアオイの様子を、僕は知らない。
 ミノリもそこまで考えていなかったらしい。驚いたような顔をしている。それとも、アオイはひどい状態なのだろうか。
「教えてください」
 僕はミノリに頼み込む。
「仕方ないわ…ついてきて」
 ミノリは諦めたように言った。この反応で、僕はある程度のことを悟ってしまった。だけど、それを口にしようとは思わなかった。
 それを口にしたら、振り出しに戻りそうな気がした。
 ドアをいくつも開けて、廊下を歩く。やがて、ある部屋の前で止まった。
 ネームプレトは〈深谷アオイ〉となっている。
 ドアをノックして、静かにドアを開けた。

 機械の電子音がする。
 ベッドの上には幾つものチューブに繋がれたアオイ。
「なかなか目を覚まさないの」
 ミノリは静かに言う。ベッドの上の彼女は目を瞑ったままだった。
「アオイ………」
 戻ってこいよ、と呟くが、声がかすれて出ない。
 涙をこぼすが、ドラマの様になるわけもなく、彼女は目を瞑ったままだった。

 僕はもう思い出していた。
 彼女は年の初めに倒れた。
 原因はストレスだったか、過労だったか。
 きっと数日で戻ってくるだろう、という期待も裏切られ、そこから先は覚えていない。
 気がついたら、以前の生活に夢見ている自分がいた。その夢見ている自分を肯定し続けたら、いつの間にか四ヶ月が過ぎてしまった。
 本当は肯定すべきことじゃない。それを認識したのはごく最近で。この世界にサヨナラして、現実という世界に足をつけなきゃいけない。そんな風に思った。
 だけど、そんな風に思っても、まだ霧の中にいた。

「後で私の部屋に来なさい」
 その声でハッと我に返り、現実に引き戻される。
 ドアが音もなく閉まる。
 僕はベッドのそばに丸いすを持ってきて、座った。
「アオイ…」
 手を握って祈る。彼女が目を覚ましますようにと。今すぐでなくていい、いつか、必ず。
「毎日祈ってるから…」
 そう言い残して、病室を出た。僕のささやかな祈りは届くだろうか。

 診察室に行くと、ミノリは珈琲を飲んで待っていた。
「もう四ヶ月になるのね…」
 ミノリはそう呟いて、カルテを眺める。僕もそれに頷く。
 四ヶ月は長い。その間に季節は冬から春に変わり、流行も変わり、政治的な動きだってある。
「これからどうするつもり?」
 ミノリは何かを書きながら言う。それは夢の中での彼女とまるで同じだった。
「仕事を探します。前の会社で、やっていける気がしません」
 前の会社には、長期休暇の届出を出していた。だから、職場に戻るのは簡単なことだった。だけど、間に四月を挟んでしまったのでそれも無理そうだった。
「そう…」
 夢の中と変わらない返事だった。
「四ヶ月間、ありがとうございました」
 僕は頭を下げて部屋を出ようとする。
「たまには顔見せなさいよ」
 そう言った彼女は晴々とした笑顔だった。
「はい」
 返事をして、部屋を出る。
 数時間後、あるいは明日退院している自分を思い描いて、苦笑した。

 退院して、アパートの部屋に戻る。彼女の香りが、まだ残っていた。
 床に座り込んで、静かに泣いた。懐かしくて、だけど今は戻らないことを改めて認識させられた。

 人間というのは、案外危ないところで生きているのかも知れない。死の上で命の綱渡りをしていたり、妄想の上で現実の生活を成り立たせたり。
 そんなことを何故か悟って、涙を拭いた。
 彼女の香りを思いつつ、昔のことを思い出していた。
 彼女が戻ってこない以上、昔の生活なんて戻ってこない。それが分かると、やっぱり悲しくなった。
 ひとまず、彼女との思い出は胸にしまっておこうと思った。それを思い出すたび、悲しくなりそうだったからだ。
 そして、ばかげた夢に近づく為に。

fin.





〜後書き〜
 初のソングスノベルです。「若葉」をもとに書きました。
 それなのに、話が重たくなってしまいました。
 このシリーズはあと二話ぐらいあるので、そちらもアップしようと思います。
 最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

ナナ 著