スピッツ歌詞研究室
スピッツ歌詞TOPスピッツ歌詞解釈色色衣スターゲイザー >えりんこさん

スターゲイザー by えりんこ


(注) 歌詞 でありません。曲の意味を勝手に解釈したものです。

遠い 遠い 光のような君に、僕は恋した。
この気持ち 君に届いて


いつもひとりぼっちの僕は、君の星のような明るさを探している。
明日も、僕の前に現れて たとえ、僕の思いが届かなくても

ゴミのように、いらない夢ばかり追っかけていた。ずっと ずっと
いつの間にか、新品の靴でさえ、ゴミのような夢で汚れている気がする。


君を追いかけていくのには、とてつもなく長い道のりをたどって行かなければならない
けれど、僕は本気だ。こんなに強い思いを抱いたことなどなかった。だから、僕は、君に、自分の気持ちを届けたい


引っ込み事案の僕は、何もかも悪だと感じていた。けれど、君と出会ったおかげで何もかもが悪ではないことがわかった。 
きっと僕は正しい道にいけたのだろう。


僕の恋は、これ1度きりかもしれない。だから、このチャンスに全力をぶつける。
全力をぶつけた結果が、泣いた、笑った、関係ない。僕は、自分の気持ちを言うことに意味を持つんだ。
きっとその後で、何かいいことが起きるかもしれない。

互いに秘密を持っている。近づいていくうちにわかる秘密。
その秘密で、この恋が終わるかもしれない。でも、新しいスタートが切れるかも知れない。 
自信に満ちている僕は、何があっても決して逃げない。

ひとりぼっちだっていいさ、僕には、光のような君がいる。



えりんこさんからの投稿です。



   
   
スターゲイザーハイファイ・ローファイ 稲穂ムーンライトメモリーズ青春生き残りゲーム
SUGINAMI MELODY船乗り春夏ロケット孫悟空大宮サンセット夢追い虫僕はジェット |