スピッツ歌詞研究室
スピッツ歌詞TOPスピッツ歌詞解釈ハヤブサ放浪カモメはどこまでも >ミカンズさん

放浪カモメはどこまでも by ミカンズ


(注) 歌詞 でありません。曲の意味を勝手に解釈したものです。

お笑い芸人もついに焼き付いてきえた時代に
俺は一人で翼を作って飛ぼうとしていた。幻を探すように
決して楽でもないと思う。もちろん何にも起きないとは思ってもいないよ。
ゴミで黄ばむ世界を見回したいだけさ。

えさはもらうけど食べてやらない。高価じゃないし
猫がじゃれるように俺はわがままで単純だ!
そう分かってても君は俺を愛してくれるか?
悲しい過去も色々ある俺を

時期にどっかの国で戦争まで始めていた。
俺の生まれ住んだ国はそれをまねして俺まで戦争地か?
君に会いに行く事も許されなくって、好きなキャラメルまで食べれないのか?
無茶言うな。俺は会いに行くぞ。
この指輪を手に戻って来てやる。星の王子様だって見てくれる

どんな物を片手にでも君に会いに行きたい。
昔から俺をずっと見ていた別れ惜しい君に会いに行く。
機関銃もってでも人に逆らおうとも指輪は片手だ。


いつも素直に君を愛していたかった。
愛せなくとも救われなくとも傷つかず振り向いておくれ。
君の笑顔が見たい。



ミカンズさんからの投稿です。



   
   
放浪カモメはどこまでも いろはさらばユニヴァース甘い手Holiday8823
宇宙虫ハートが帰らないホタルメモリーズ ・カスタム俺の赤い星ジュテーム?アカネ