スピッツ歌詞研究室
スピッツ歌詞TOPスピッツ歌詞解釈花鳥風月トゲトゲの木 >琉伽さん

トゲトゲの木 by 琉伽


(注) 歌詞 でありません。曲の意味を勝手に解釈したものです。

名前も分からないトゲトゲの木の上で
朝寝していた。少し目を開けて怒る君に対して
つじつま合わせの取って付けた様な言い訳をした。

心は今歩き出したけれど、起きたばかりで
君に如何したら良いか分からなくて足元はフラフラで
くねくねにしか歩けない。

そんな時もあったけれど、今は君に
如何したら良いか分かった。
僕の事を嫌いって言った

君に今すぐ渡したいのは
とどめのプレゼント。絶対に気に入るよ。

元気でね。さようなら。いつまでも


名前も分からないトゲトゲの木の枝の間から
入道雲がため息をついているようにも見える前。

洗濯物も乾きそうな丁度いい天気だったのに、
僕が瞬きをしたその時に君はもう視界から消えていた。

元気でね。さようなら。いつまでも。


琉伽さんからの投稿です。



   
   
流れ星愛のしるしスピカ旅人俺のすべて猫になりたい心の底から
マーメイドコスモス野生のチューリップ鳥になっておっぱいトゲトゲの木