スピッツ歌詞研究室
スピッツ歌詞TOPスピッツ歌詞解釈花鳥風月マーメイド >あつこさん

マーメイド by あつこ


(注) 歌詞 でありません。曲の意味を勝手に解釈したものです。

短い夏を、僕は海で一人で過ごす事に決めたのは正解だった。
暑い砂浜には耐えられなくって、行った海の家には
僕だけの人魚姫がいた

久しぶりの恋、火照った顔は日焼けで見えてない?

つまらないはずの夏休みに、君は僕に甘い夢を見せてくれた
仕事に疲れて忘れかけてた思いを、思いださせてくれた

恋は、僕を優しくした、
君と過ごした日々で、僕は生まれた意味を一つだけ見つけたよ
潮風に吹かれて、やっとわかったよ
「君を守りたい」

君と歩いた砂浜
君と見たおさかな、白い雲
絶対に忘れやしないよ、いつまでも

君を愛したこと、君に愛されたこと、僕は忘れないよ。
短く、暑い夏のぼやけた蜃気楼のような恋
実ったと思えば、すぐにお別れ
しょせん、ただの甘い夢?

夢だったとしても、僕はずっと忘れないよ。いつまでも

人魚のような君と過ごした甘い日々。
ずっと、ずっと忘れないよ。



あつこさんからの投稿です。



   
   
流れ星愛のしるしスピカ旅人俺のすべて猫になりたい心の底から
マーメイドコスモス野生のチューリップ鳥になっておっぱいトゲトゲの木