スピッツ歌詞研究室
スピッツ歌詞TOPスピッツ歌詞解釈インディゴ地平線インディゴ地平線 >ソラトさん

インディゴ地平線 by ソラト


(注) 歌詞 でありません。曲の意味を勝手に解釈したものです。

君と地平線の記憶の場所へ行く
ホッとしたため息をついたら目の前のインディゴブルーの海が見えた
君の背中に触れたいとつまづくフリをした
切ない雰囲気を噛み潰したときの苦味

逆風に向かって手を広げたらこわれてみたくなった
僕たちは希望のクズだから

ゆがみのない地獄の街を古いロープでやっと逃げ出せた夜明け
さびしく長く続く道をそれて時を止めよう
羽を抜かれた骨がむき出しの翼を休めるために
凍りついても泡になっても君に見て欲しいのさ
あのきれいな海を

少し苦しいのは少し苦しいのは何故か嬉しいのは
君にきれいな海を見せたから


ソラトさんからの投稿です。



   
   
花泥棒初恋クレイジーインディゴ地平線ハヤテナナへの気持ち
虹を越えてバニーガールほうき星マフラーマン夕陽が笑う、君も笑うチェリー