スピッツ歌詞研究室
スピッツ歌詞TOPスピッツ歌詞解釈Crispy!タイムトラベラー>いち子さん

タイムトラベラー by いち子


(注) 歌詞 でありません。曲の意味を勝手に解釈したものです。

最近の君と僕は、どうかしてる。
すっかり安定してしまって、もうどこにも進めない。
君も同じ気持ちなのか、子供の頃のアルバムを僕に見せた。

「その茶色の表紙のヤツは?」と僕が聞くと、
「これはママの若い頃のアルバムなの」と君が言う。
「わたしとそっくりなのよ」

ちょうど夕暮れ時にさしかかり、
うす暗い屋根裏にはところどころに濃い闇が生まれてくる。
闇は、今よりも眩しい過去の時代の闇へとつながっている。
何を見ても、僕は泣かないぞ。
その古いアルバムは過去の世界を開ける扉なんだ。

さあ いこうか。
小さなtrip、君のあどけない笑顔が可愛いかったから
あの頃の君がいるから、ここに今の君がいるんだ。
このまま終わらせたくない、そんな気がするから。 
僕の知らない、君にそっくりな若い頃のママに会いに行こう。

いろんな物が見えるよ。遡っていく時間の中で。
あんなことがあったろう、あの街で。
それは決して消えることのない事実だけど、
時間のマジックにかかってしまって、
何も無かったかのようにすべてがもとの姿にもどっていく。

そうだった。
僕がブルーな時、知らずに君に当たっていたりしたときには
ちょっと困惑しながらもそれでも笑顔を返してくれた、
そんな君に惹かれて今まで大事に思ってきたんだった、僕は。

さあ、これからどうすればいいか、
古いアルバムの中のもう一人の君に尋ねてみよう。
君をここまで育んできた君のママを見れば
きっと何かわかるはずだ。

このまま君を好きでいたいから、
このまま終わらせたくないから。


いち子さんからの投稿です。



   
   
クリスピー 夏が終わる裸のままで君が思い出になる前にドルフィン・ラブ
夢じゃない君だけをタイムトラベラー多摩川黒い翼 |