スピッツ歌詞研究室
スピッツ歌詞TOPスピッツ歌詞解釈名前をつけてやるプール>カフカさん

プール by カフカ


(注) 歌詞 でありません。曲の意味を勝手に解釈したものです。

夏に君に会って僕は君を手に入れた。
手に入れた僕は誰にも君を渡すまいと、いつも君にそばにいた。
お互いじゃれ会うように時を過ごした。
君とならどんな汚れた世界でも暮らしていけそうだ。
霧のようにモヤモヤした世界に向けて、僕らは進んだ。

いつも独りだった僕のそばで、君はプールで泳いでいて
水面に映る大きな雲の影で君が大きく見えた。

冬には君と過ごしたプールは開いてなくて、
仕方なく雪の降る荒れた野原の上で君とじゃれ合い
僕らを太陽が照らし続けた。

僕らはこれからも一緒に過ごし
毎年プールでじゃれ合えるのかな。


カフカさんからの投稿です。



   
   
ウサギのバイク日曜日名前をつけてやる鈴虫を飼う | ミーコとギタープール
胸に咲いた黄色い花 待ちあわせあわ恋のうた魔女旅に出る