スピッツ歌詞研究室
スピッツ歌詞TOPスピッツ歌詞解釈名前をつけてやる日曜日>ひかるさん

日曜日 by ひかる


(注) 歌詞 でありません。曲の意味を勝手に解釈したものです。

今から僕の気持ちを伝えに行く
あの子のことを想って切なくなっていたけれど
それも今日までだ
蜂になって あの子に僕の跡をつけたい

敗れた告白にあの子の言葉はダブルパンチ
僕になんて目もくれず、青春の中へ飛び込んでいった君の背中がまぶしい
思いの丈をぶつけるような僕の強い部分が出てくればよかったのに
今日の僕は淡い妄想に押しつぶされたようだ

優しい言葉でなぐさめてくれる自分の中にいた僕は
いつも傷つかないようにしていただけだった
今日は逆らってやろう。

目の前にはあの子 唾液は鉄のような味がする
骨まで傷ついてもいい 好きだという気持ちが口まで駆けおりた
ずっと言いたかった この先は二人の鮮やかな青春



ひかるさんからの投稿です。

*あとがき
レモンには青春という意味があります。
大学受験の課題でモチーフの一つにしました。
…唾液が鉄の味がしたのは血でなく、走ってきたからです!

告白しに行ってフラれて、負けじとアタックして
ほのかな妄想から、ふたりで鮮明な青春を切り開くという
私の妄想です(笑)


   
   
ウサギのバイク日曜日名前をつけてやる鈴虫を飼う   | ミーコとギタープール
胸に咲いた黄色い花 待ちあわせあわ恋のうた魔女旅に出る