スピッツ歌詞研究室
スピッツ歌詞TOPスピッツ歌詞解釈名前をつけてやるウサギのバイク>加奈芽さん

ウサギのバイク by 加奈芽


(注) 歌詞 でありません。曲の意味を勝手に解釈したものです。

ウサギのように小さいバイクでどこまでも逃げ出そう
氷のように冷たい丘を越えながら。

そうだ、優しいあの娘も連れて行こう。
枯葉を巻き上げながら僕達は走った

ああ、ドキドキが止まらない
これが「好き」っていう気持ちなのかな。
でもすごく嬉しい。
今にも壊れそうなウサギのように小さな弱いバイクでこのまま駆けていこう。

ああ、もうドキドキが止まらない。
脈拍のおかしなリズムが僕の心で遊んでいる
でもすごく嬉しい。

今にも壊れそうなウサギのように小さな弱いバイクでこのまま駆けていこう。


加奈芽さんからの投稿です。



   
   
ウサギのバイク日曜日名前をつけてやる鈴虫を飼う   | ミーコとギタープール
胸に咲いた黄色い花 待ちあわせあわ恋のうた魔女旅に出る