スピッツ歌詞研究室
スピッツ歌詞TOPスピッツ歌詞解釈スピッツうめぼし>あつこさん

うめぼし by あつこ


(注) 歌詞 でありません。曲の意味を勝手に解釈したものです。

ときどき、むしょうに食べたくなる。うめぼし。

ときどき、むしょうに会いたくなるあのこ。

今すぐに、食べたい 今すぐに会いたい。

ときどき、とても寂しくなる

ぼくのそばに来て、寂しいよ
君が、来てくれたらいいのに。ぼくのそばに、早く来て

君のこと、どうしても偏見を持って見ちゃう
イケナイことだ、って分かってるのに。

星占いみたいに、すべて割り当てられていたらいいのに
ぼくは君に何をしてあげれば良いのかな?
優しい言葉だけじゃだめ、行動しなきゃぁ意味がない。

ああ、むしょうにうめぼし食べたくなってきた

なんだか、むしょうに君にあいたい 

失敗するって分かってながら泥水に飛び込む
バカなぼく、君を助けたいからって ソレはないだろ

気づかない間にぼくも、君を傷つけていた
優しい言葉をかけるだけじゃぁ足りない
君は傷ついてるんどもんね。

でも、何も思い浮かばない
抱きしめたいけど、そんなことできない。
泥だらけになって、君を助けて、
けっきょく何も出来ない、しないまま帰る

あぁ、うめぼし食べたい
すっぱい、すっぱい恋のあじ
どう、もがいても甘くはなれない僕の恋
早く食べたい 今すぐにでも
君に触れたい 今すぐにでも

うめぼし食べたい
僕のカラダがうめぼし求めてる。

君に会いたい
僕のカラダが、ココロが君を求めている。

ああ。うめぼし食べたい。


あつこさんからの投稿です。



   
   
ニノウデの世界海とピンクビー玉五千光年の夢月に帰るテレビタンポポ
死神の岬へトンビ飛べなかった夏の魔物うめぼしヒバリのこころ