スピッツ歌詞研究室
スピッツ歌詞TOPスピッツ歌詞解釈スピッツうめぼし>しょっつるさん

うめぼし by しょっつる


(注) 歌詞 でありません。曲の意味を勝手に解釈したものです。

今の僕には勇気がない  どんどんダメになっていく
君にしかってほしいよ  今すぐ会いたいよ
とっても淋しくてもう  とうしていいのかわからないんだ
あの頃みたいに僕をしかってよ  今すぐ会いたいよ

誰かに無理やり押し付けられた  「ボク」の存在価値
まだその呪いの中でもがき苦しんでいる
君とのことも 世の中とのことも 全部
星占いみたいに単純に片付けられたらいいのにね

汚い大人にはなりたくない!ってあんなに誓ってたくせして
気が付けば立派に仲間入りさ 苦しいよ
やさしいお決まりの慰めではもう救えない  身体中に毒がまわったみたいだ

お願い今すぐ助けにきてよ  「うめぼし」のような君に会いたいよ


穴のあいた長靴で  しかられるのも気にせずに
水たまりバシャバシャ踏んづけて  笑い転げてた
あの素直で馬鹿げた日々に戻りたい
あの日の「ぼく」はまだ息をしてるかな?

人目を気にしてばかりいる  モグラのようにいじけてる
知らないうちにまわる毒  子供の僕が死んでいく

だから ねえ早く助けにきてよ  こんな僕をしかってよ
「うねぼし」みたいにしょっぱくさぁ  ねえ僕をしかってよ


しょっつるさんからの投稿です。



   
   
ニノウデの世界海とピンクビー玉五千光年の夢月に帰るテレビタンポポ
死神の岬へトンビ飛べなかった夏の魔物うめぼしヒバリのこころ