スピッツ歌詞研究室
スピッツ歌詞TOPスピッツ歌詞解釈スピッツうめぼし>らん吉さん

うめぼし by らん吉


(注) 歌詞 でありません。曲の意味を勝手に解釈したものです。

日本人にとってうめぼしは、強烈なすっぱさとともにDNAにインプットされてるもののひとつで、
思い出すだけでもあのすっぱさが、口の中に広がり唾液がこみ上げる。

  ときどき無性〜に食べたくなるのは体がアルカリ性の健康食を欲しているから?
それともあの強烈な酸味による刺激をもとめているから?

  なんて、よくわかんないんだけど感情とは別のレベルで体が欲している、
生唾ごっくん的なイメージがありますが、こんな風に求められるとうれしくてぐらぐらしちゃいますね。

…昔は変わった歌詞だな〜とサラッと聴いていたけど、今は、とっても恋の詩なんだな〜と思います。


らん吉さんからの投稿です。



   
   
ニノウデの世界海とピンクビー玉五千光年の夢月に帰るテレビタンポポ
死神の岬へトンビ飛べなかった夏の魔物うめぼしヒバリのこころ