スピッツ歌詞研究室
スピッツ歌詞TOPスピッツ歌詞解釈スピッツトンビ飛べなかった>まみさん

トンビ飛べなかった by まみ


(注) 歌詞 でありません。曲の意味を勝手に解釈したものです。

あの夜ひとりぼっちになった、そんな夜誰か来てくれないか
電話をしよう。でも壊れてる。「仕方がねぇ」たたいてみた
よし、治った。でもすぐに壊れた僕の大事な電話。
枕の下に忍ばせておいた君とも思い出を探してた。

今日も誰ともしゃべれなかった。
背伸びをして、君が言った別れの言葉を思い出してた。

電話をつぶされそうになって、僕は叫んだ。
思いっきり叫んだ。声はかれた。
けど、電話が使える!!そう思ったけど壊れてた。
正義なんて言ってる場合じゃないよ。

今日も誰ともしゃべれなかった。
だから、今日は手紙を書く!!
でも、間違いだらけ紙くずがいっぱい落ちてる部屋に僕はいた。

コウロギないてるよ・・・
今年もスイカを食べられなかった・・・

この夜も独りぼっちになった。そんな夜。
やっと外にでて遊んだ。だけど、そこから思い出せない。
そんな僕を飲み込んでよ。もう、この世界にいたくない


まみさんからの投稿です。



   
   
ニノウデの世界海とピンクビー玉五千光年の夢月に帰るテレビタンポポ
死神の岬へトンビ飛べなかった夏の魔物うめぼしヒバリのこころ