スピッツ歌詞研究室
スピッツ歌詞TOPスピッツ歌詞解釈スピッツトンビ飛べなかった>あとがきさん

トンビ飛べなかった by あとがき


(注) 歌詞 でありません。曲の意味を勝手に解釈したものです。

あの夜ぼくは独りになった
すぐ電話しようかと思ったけどすぐやめた
枕の下に忍ばせてる君の写真に手をやった

今日もぼくは電話できなかった
のんきに背伸びして別れの言葉を思い出していた

声がつぶれそうになるまで泣いていた
優しく声をかけたいのにガラガラ声になっていた
やっと誰かが慰めに来てくれたような気がしたけど
それは気のせいでやっぱり部屋にはぼく独り
ぼくの気持ちを踏みつける
こんなのもう役に立たないじゃないか

声が出ないから手紙を書こう
今日も手紙すら出せないでいる
ペンはまだ持ったままだ
怠け者みたいなぼくは紙くずだらけの部屋にいた

コオロギが鳴いている
もう夏は終わったんだ
スイカが割れるのを待っていた

あの夜、独りで家に帰ってきたところまでは覚えている
そこから先は全然思い出せない
きっと酒でも飲んで呑まれたんだろう
君もぼくを飲み込んでよ
また声をかけに来てくれよ


あとがきさんからの投稿です。

こんな感じかな?
時間あったので頑張った
わからない部分は適当になってます・・・
スピッツ初心者なりに頑張って見ました!

   
   
ニノウデの世界海とピンクビー玉五千光年の夢月に帰るテレビタンポポ
死神の岬へトンビ飛べなかった夏の魔物うめぼしヒバリのこころ