スピッツ歌詞研究室
スピッツ歌詞TOPスピッツ歌詞解釈スピッツ死神の岬へ>大空旅人さん

死神の岬へ by 大空旅人


(注) 歌詞 でありません。曲の意味を勝手に解釈したものです。

「愛」とか「希望」なんていう言葉に踊らされて 
誰もが大事なものを見失っていたあの頃

僕ら2人の関係も瀕死の状態だった

思い起こせば
ロマンチックでもリッチでもなく
ありきたりですぐに壊れそうだったけど
僕らの恋は走り出した
「終わり」に向かって、走り出していたんだ
僕はいつもごまかしてばかりで
冗談で「もう終わりにしよう」なんてことも
よく言ったものだ

恋の死神は、僕らを本気で終わらせようとはしない
なぜなら彼らは岬で遊んでいるだけだから
でも僕らはやっぱりここにきて
自分たちで自分たちを終わらせようとする
大喧嘩でもして
二人で恐る恐る積み上げてきた関係を全部ぶち壊そうとする

今まで我慢してきたこと全部吐き出したら
でも
二人の間の壁が溶けて、本当のお互いが見えてきた
真実は少し恐かったけれど
おかげで本当のお互いの姿と、今まで二人が通ってきた過去を
客観的に見れるようになったんだ

それは風に揺れる稲穂のように穏やかで
朽ち果てた廃屋のように汚くて、無駄なものだったかもしれない
年老いたノラ犬のようにすぐに死んでしまいそうなアウトローな日々の中で
お互いの心に築いてたガードレールを知らぬ間に傷つけ合っていた
相手の心にあった情熱が、いつの間にか消えていたことにも気付いた

でも同時に

こんな二人でも続けていくための抜け道も
たくさん見つけたんだ


大空旅人さんからの投稿です。



   
   
ニノウデの世界海とピンクビー玉五千光年の夢月に帰るテレビタンポポ
死神の岬へトンビ飛べなかった夏の魔物うめぼしヒバリのこころ