スピッツ歌詞研究室
スピッツ歌詞TOPスピッツ歌詞解釈スピッツ月に帰る>猫の日さん

月に帰る by 猫の日


(注) 歌詞 でありません。曲の意味を勝手に解釈したものです。

僕のことを受け入れてくれる世界は、僕の居場所は、
君のところじゃなかった。きっとどこか別のところにあるんだ。
君の居場所はよく見慣れているこの現実の世界なんだよ。
住む世界は違うけど、この生き辛い世界で君と出会えた。
君といると毎日が楽しいんだ。
だけど、分かり合えなかった。さようなら。君のことは忘れないよ。
僕にはもうこの世界に執着する理由がなくなったんだ。
だから、どこか遠くに行ってしまいたい。

僕の居場所って一体どこなんだろう。
僕を受け入れてくれる世界が絶対にあるはずなんだ。
今はもう、君がいた現実さえも見失ってしまった。
だけど、僕の心の中には君が鮮明に残っている。
君の事を想っていたら、一日なんてあっという間に過ぎてしまった。
だけどもう君のことは諦めるよ。さようなら。
でも決して忘れはしないから。僕は君のいない別の世界へ行くよ。



猫の日さんからの投稿です。



   
   
ニノウデの世界海とピンクビー玉五千光年の夢月に帰るテレビタンポポ
死神の岬へトンビ飛べなかった夏の魔物うめぼしヒバリのこころ