テンキー数字タイピングゲーム

テンキーでタイピングゲーム

テンキー(数字)をひたすら練習するタイピングゲームです

TOP中級編>テンキーでタイピングゲーム

テンキーでタイピングゲーム

ホームポジションを指に覚えさせる

4 5 6 がホームポジション(基本になる位置)で 4が人差し指、5が中指、6が薬指です。 0に親指を置き、 テンキーについているエンターキーに小指を置きます。

Step1 「456」を習得する

ホームポジションに指を置き、最初はキーボードを見ながらでもいいので、スピードを気にせずゆっくりと「456」だけの練習をします。
慣れてきたら、キーボードを見なくても打鍵できるように練習して下さい。さらに慣れたらスピードを意識してください。
「4 5 6 5 4 6」といった具合に、ひたすら「456」だけを練習します。
最初は、2桁限定で練習して、慣れたら桁数を増やして練習します。
ある程度、リズム良くタイピングできるようになったら、次のステップに進んでください。

Step2 「0」を習得する

親指が専門に受け持つ「0」のキーを練習します。
前回練習した「456」に追加して「4 5 0 0 6 6 0 0」といった具合に練習します。

Step3 「789」を習得する

次に上の段である「789」を練習します。
ここからは、同じ人差し指で「4」と「7」といった具合に、同じ指で2つのキーをタイピングすることになるので一気に難しくなります。
徐々に難しくしていくために、人差し指と小指のEnterのみから練習して、次に、中指とEnter、次に薬指とEnterといった感じでステップアップして 最終的には、「456789」をランダムに練習します。

Step4 「123」を習得する

次に、下段の123.を練習します。
ここでは、まずは上段はなしとして、中段の456と親指の0に加えて123を順番に習得していきます。
慣れたら、上段の789も含めて練習します。

Step5  全てのテンキーを練習

ここまでですべてのテンキーをマスターできたと思うので、総仕上げとして、ランダムに数字を練習します。
最初は、「789(上段)」→「456(中段)」→「123(下段)」といった具合に、なるべく指の運びが小さいものの練習をして、 徐々に難しい数字の並びを練習していきます。
最初は3~4桁で練習し、最終的には桁数を増やして練習します。



スポンサード リンク