スピッツ歌詞研究室    

スピッツ歌詞TOPライブレポート>スピッツ ジャンボリーツアー2009[埼玉・さいたまスーパーアリーナ]

ライブレポート

 H21年1月18日 [埼玉・さいたまスーパーアリーナ]
  ・・・by 龍石茜


Set List
:
01.Look'n for
02.Na・de・na・de-boy
03.Animal Trail
04.Peach
05.Spider
06.Mystery of Love
07.10+10
08.Cherry
09.Cactuses in a desert
10.Honey2
11.Memories・Custom
12.A heart-warming love song
13.The sound of "P"
14.MAPLE
15.robinson
16.Rat's Evolution
17.We run in the night
18.My guitar(and band)
19.Border of the Sea,athe Sky, and the Land
20.SPITZ'95
21.hayabusa
22.My whole
23.Sazanami

EN1.Gun&Joe
EN2.I can fly...?
EN3.Spring Song

 


In Japan, people are blessed in subculture. Japanese comics,
animations, and video(TV) games are known to the world, however, I
think Japanese music:J-POP hard to throw away, too. Particularly, I
believe that "SPITZ" is great.
I've loved them since I was eleven years old. Because they had a
policy-they wouldn't play in big concert halls, I was surprised to
hear the news that they would play in SAITAMA SUPER ARENA !

I went to Saitama with my mother. SAITAMA SUPER ARENA is adjacent to
JR Saitama-Shintoshin station. Seeing many people goning there, I
felt, "What a large number of SPITZ breeders"!!

Our seats were on the side of the stage left near aisle. We
call "Tetsuya-gawa"; Miwa Tetsuya who is in charge stands at live.
The stage started at 18:05. The audience shouted for joy. As you see
the set list in upper page, the first tune was selected to look back
past years.
"Animal Trail" had been aloready a standard warm-upping number. It
started from bass-solo, it was so wonderful ! It is known
as "Gotouchi-song" and the first lyric, "What a beautiful sunrise in
Tokyo it is !" is replaced with other place-names. Tokyo was changed
to Saitama.
After finishing the third tune, Kusano Masamune who acted as vocalist
talked a little. He seemed to be straned. The forth was not fully
satisfied with the synthe sizer unusually. In this conection,
Masamune did a mistake in this tune when they performed at Osaka-jo
Castle Hall.
We was unified when the crisis of "Spider" we swang our hands.
The sixth and seventh were the same order as on "SazanamiCD".
I never go to their live without listening "Cherry". I don't know,
why...
They always play early minor songs which one called "ShoPITZ"(the
opposite word is "NowPITZ"), but there is a great difference
between "Honey2" and "A heart-warming love song". For lyricist, the
former's phrase, "Honey Honey It's so brilliant !" had been
prohibital tactics once.
I thought from the twelveth to the forteenth were the mellow corner,
during the time, a few people remained seated. I habe listened "P"
once in the crossed live for their official fan club. The arrangement
was only the guitar then. Complete version is the orgel style. The
quietness of the sound showed off the vocalist's voice.
I have listened to the next at "Go!Go! Scandinavia". My mother heard
the sniffles behind our seats. I listened to it with my eyes closed.
Some screens were set up on the stage. They were playing the
sixteenth, a strange vision on those screens.
I would often listen to the seventeenth before their stage. It had
already been a standard, too.
It seemed that Masamune missed his key of "My guitar". Maybe it was
because of large capacity of the SAITAMA SUPER ARENA, I think.
At the nineteenth, they had wonderful lighting and druming tecnique !
Saki-chang (Drums:Sakiyama Tatsuo) is a cool (or naive/rough)
drummer !
I didn't expect to come to the twentieth. Many fans thrust out their
own index fingers. These slood out sharp.
"8823" and "My whole" are regularly performed as the last coming to
life part. The guitar sounds exploded in the act at the former and
Tamura Akihiro who is a basist rampaged around the stage at the
latter. He is known as a rampagerous basist on the stage. People call
it "Tamful", not "Tamiful".
The last tune was the title number of the latest album "SazanamiCD".
I heard the sound of the flute. It was executed by Kuji Hiroko She is
their support member and is called Coo-zee.
Their performance was over like this. But on their live they always
an encore. While people were clapping their hands, we went to the
toilet. As soon as we came back to our seats, the encore song was
started.
I clapped and fogot to dance at first, though the PV(Promotion Video)
has dance scenes on. I danced uncouthly.
Following to the introduction of the members, they plaued two famous
single songs. To be honest, I'm not guit satisfied with the cause I
was not able to listen to "Fresh Leaves (the latest single)" and "The
heart of Lauk (debut single)", it was too early but I want to get
their live DVD.
The name of DVD will be...perhaps "SazanamiDVD"!!

(日本語訳)
日本では、サブカルチャーに恵まれている。漫画、アニメ、テレビゲーム等。
しかしながら、私はJ-POP等音楽も捨てがたい。とりわけスピッツはすばらし
いと信じている(はいはい前置き長いよ)
私は十一歳の頃から彼らの大ファンです。彼らは大きいコンサート会場(武道
館・ドームの類)ではライブをしないと言うポリシーがあったので、さいたま
スーパーアリーナで公演すると聞いて驚きました!

Set List :

01.ルキンフォー
02.Na・de・na・deボーイ
03.けもの道
04.桃
05.スパイダー
06.不思議
07.点と点
08.チェリー
09.砂漠の花
10.ハニーハニー
11.メモリーズ・カスタム
12.恋のうた
13.P
14.楓
15.ロビンソン
16.ネズミの進化
17.夜を駆ける
18.僕のギター
19.渚
20.トンガリ’95
21.8823
22.俺のすべて
23.漣
 
EN1.群青
EN2.空も飛べるはず
EN3.春の歌
埼玉へは母と行きました。さいたまスーパーアリーナはJRさいたま新都心駅に
直結しています。沢山の人が行き交うのを見て、「何て沢山のスピッツブリー
ダー達!」と感じました。
私達の席はステージ側の通路近くでした。私達ファンはギター担当の三輪テツ
ヤさんがライブで上手(かみて、客席から見て右側)に立つ事にちなんで「テ
ツヤ側」と呼んでいます。

ライブは18:05に始まりました。観客は嬉しさのあまり叫びました。上のセッ
トリストをご覧の通り、突然一曲目の「ルキンフォー」が始まったので私達は
驚きました。私は過去を振り返る為にそれを選んだのだと思いました。
「けもの道」は既に盛り上がる曲として知られています。その曲はベースソロ
から始まりましたが、めちゃめちゃ素敵でした!あと最初の歌詞「東京の日の
出 すごいキレイだなぁ」が他の地域の地名に置き換えるとご当地ソングにな
りうる曲としてもおなじみですね。東京は埼玉に換わっていました。
「けもの道」が終わると、ボーカルの草野マサムネさんが少し話しました。彼
は緊張していた様に見えました。
四曲目の「桃」はシンセサイザーの部分が珍しく完全には満足できませんでし
た。ちなみに、1/24(土)の大阪城ホール公演で、「桃」を歌った時、高音域
を出すのが気持ちよすぎて次のフレーズに入り損ねるという失敗を犯してしま
ったそうです(名物歌詞飛ばし)
自分の手を左右に振った「スパイダー」のサビの時、一体感がありました。
六曲目の「不思議」と七曲目の「点と点」は「さざなみCD」でも同じ曲順でし
た。
何故か知らないけれどスピッツのライブに行くと必ず「チェリー」を聞きます
(最高記録五回、現在進行形で更新中)。この曲はスピッツの曲の中で最も有
名だと思うのですが、どうでしょう?
彼らは「初ピッツ」(対義語は「今ピッツ」)と呼ばれる初期(アルバムで言
うと三枚目位まで?)のマイナーな曲もやりましたが、「ハニーハニー」と
「恋のうた」には大きく違っていました。作詞者草野正宗にとって、前者のサ
ビのフレーズ「ハニーハニー It's so brilliant !」はかつて禁じ手だった
のです(発表当時は「踏み絵を踏む様な気持ちだった」と)。

十二曲目から十四曲目が静かな曲が続き、この間数人が席に座っていたので私
は「まったりコーナー」だと認識しました。私は「P」を一度公式ファンクラ
ブ会員向け限定ライブで聞きました。その時のアレンジはギター一本での引き
語りでした。完全版はオルゴール風です。サウンドの静けさがマサムネの声を
引き立てていました。
私は次の曲も会員限定ライブ「Go!Go! Scandinavia」で聞きました。母は後ろ
の席の人のすすり泣きを聞き取りました。私はと言うと、目を閉じて演奏に聴
き入っていました。
数枚のスクリーンがステージに設置されていました。彼らが十六曲目を演奏し
ていた時、スクリーンに電球ぽい変な映像が流れていました。
「僕のギター」でマサムネが少しキーを外した様な気がしました。いつもはさ
いたまスーパーアリーナみたいな大きな会場でやらないからだよ!多分…
十九曲目の「渚」では、それはそれは素敵な照明と崎ちゃんのドラムテクが見
られました。彼はス的な(もしくはナイーブで雑な)ドラマーです!

まさか二十曲目に「トンガリ'95」が来るとは予想していませんでした。多く
のファンが人差し指を突き出します。指は歌詞に合わせて尖っていました。
「8823」と「俺のすべて」は大抵最後の盛り上がりパートとして演奏されま
す。前者ではギターの音が炸裂し、後者ではベーシスト・田村明浩がステージ
で暴れ回っていました。彼はステージ上で暴れる事で有名です。人はそれをタ
ミフルならぬタムフルと呼びます(ソースはニコニコタグ)
本編最後の曲は最新アルバム「さざなみCD」のタイトル曲でもある「漣」でし
た。クジヒロコさんによるフルートの演奏が聞こえました。彼女はスピッツの
ライブでのサポートメンバーで、クージーと呼ばれています。

こうして本編の演奏は一通り終了しました。しかし彼らのライブでは必ずアン
コールが存在します。観客が舞台袖に戻ったメンバーに向けて拍手を送ってい
る間、私達はトイレに急いでました。ちょっぴりきちゃない話ですみません
(汗)私達が自分の席に戻ると、丁度アンコールが始まりました。

「群青」はPVでダンスシーンがある曲なのに、最初は普通に拍手していて踊る
のを忘れていました。忘れていた事に気付いてからはちゃんと踊りました。
メンバー紹介に続いて(メンバー紹介やMCは割愛します。複雑すぎて書けませ
ん><)彼らは有名なシングル曲を二曲やりました。

正直に言うと、私はアンコールの曲目に対して未だに不完全燃焼を感じていま
す。「若葉(最新シングル)」と「ヒバリのこころ(デビュー曲)」が聞けた
ら良かったなぁ、と。早くもDVDが期待大です。
DVDの名前は…おそらく「さざなみDVD」でしょうね!!



 
 


龍石茜さんからの投稿です。
 

大学受験に突入したばかり(センター試験の翌日)なのに、ライブに行ってし
まいました(汗)これを逃すとアリーナに行ける保証がありませんでしたか
ら。五月にはまさかの武道館解禁ですがね。。。
この頃には英作文としての歌詞の英訳等もはまっていたのでこれも英文で書い
てしまおうかと(笑)

※一応日本語訳も下に書きましたが作成手順が「頭の中に日本語で考えてから
英語で書き、それを日本語訳する」となった関係上、不自然な部分も存在しま
す。また、英語の先生に添削してもらうつもりで書いたので、文章全体が「あ
まりスピッツを知らない人向け」になっています。ご了承下さい。


 
 スピッツライブレポートトップへ     
コンサートチケット