スピッツ歌詞研究室    

スピッツ歌詞TOPライブレポート>ジャンボリーツアー 2007-2008 さざなみOTR

ライブレポート

 H20年2月9日 [新潟・新潟県民会館]
  ・・・by とーふ


セットリスト

1僕のギター

2不思議

3ヒバリのこころ

4けもの道

5トビウオ

6点と点

7チェリー

8群青

9ルキンフォー

10P

11楓

12桃

13ネズミの進化

14夜を駆ける

15Na.de.Na.deボーイ

16スパイダー

178823

18俺のすべて

19砂漠の花

20漣

EN1魔法のコトバ

EN2ハチミツ

EN3青い車


ここんとこ、続いた雪が珍しく晴れ、関東の方に雪が降るという、
冬では珍しい気象条件の中でスピッツのライブが行われた。
6時開場、5時半から、並ぶんだが、ロビーの方で並ぶことで救われた部分があった。
穏やかな日ではあったが、やはり外は寒いもんで。
6時半丁度に会場が暗くなる。観客のざわめきが漣のように起こると、メンバーが登場。
ワーッキャーの声が出始める中で、最後にまさむねが登場する。

1, 僕のギター:
最小限のオレンジ色のライトの中で始まる。アコステックのギターで始まり、
徐々にライトと楽器が広がってくる。マサムネの声が少し硬いものの、よく伸びていい感じのスタート。

2, 不思議:
出だしの音は、CDと微妙に違うように感じ、うん?何の曲と思ってしまったが、
こっちの勘違いがあるかもしれない。もともと聞き易く、乗り易く、の曲だが高温が伸び、
スピッツのライブの中にいるな。って少しずつ、実感できる。
<MC:新潟は雪が多いという認識でしたが、関東の方が逆に雪がふってる感じですね。
会場は寒くないですか?(会場から、暖かいの掛け声)MCを聞いて寒くならないようにね。>

3, ヒバリの心:
ここでヒートアップ、デビュー曲、ライブの定番、会場も盛り上がり、CDと同じように、
声が出ている部分が良かったですね。

4, けものみち:
左側から、小さな部分で赤いライト、そこから、ベースのハイトーンソロ。お決まりですね。
「新潟の日の出、すごいきれいだな」会場も盛り上がりましたね。

5, トビウオ:
好きな曲です。引き続きノリノリ、いい曲ですよね。さて、この曲、歌詞の部分で、
「指先の平均値」とか、「説明不可能なバネ力」とか、微妙な表現が好きですね。

6, 点と点;
これもいい曲です。マサムネにスポットライトが当たり、マサムネのカッテンク゛から。

<MC>
金沢から新潟の移動で途中、雪が降ったり5時間ぐらいかかった。
テッチャン、便所に行ってたら、「チェーンを巻いてください 。」ってアナウンスが
ずっと流れていて怖くなった。
マサムネ、こちらの運転手は、雪道慣れているんで、
積もっていてもものすごいスピードで走るんですね。昔、東京の積雪で交差点、ブレーキ踏んだら、
車が回転し始めた(実演付き)
春が恋しいですね。春を感じられる曲を聴いて下さい。

7, チェリー;
後半のストリングスの部分は、シンセだけで演奏していました。

8, 群青:
最新シングルで会場もノリノリ。

9, ルッキンフォー:
シングル連続ですね。照明はオレンジ色のしっとりとした感じでした。

<MC>
マサムネ、20年後はどうなっているんだろう。ガウンを着てお酒を飲んでる。
千葉真一さんをイメージしていたが、20年前と何も変わらない。
そんな情けない男の曲を聴いて下さい。

10, P :
スローバラード、イントロから、キーボードのみ。ドラムのサキちゃんは何をやっているかと
見てみたら、コンガみたいなのをたたいてました。
マサムネはハンドマイク。ハンドマイクは3曲でしたが、後半に行くほど孫にも衣装。
さまになってきました。力強いボーカル。

11, 楓:
さびの部分、少し苦しそうでしたが、後半調子が上がってきて、
この曲以降マサムネのボーカルが冴え渡っていくのが、はっきり分かりました。

12, 桃:
メロディラインがすごくきれいな曲。

13, ねずみの進化:
うんと、唯一オリジナルと歌詞が違っていう部分がありました。
この部分だけだったと思います。ライブの中では。
「君の言葉を信じたい。すてきな嘘だから」が素敵な香りって聞こえたんだけど。
この曲もライブには映えていましたね。

14, 夜を駆ける:
イントロから青い光線が会場を包む。すごく好きな曲で、マサムネのボーカル、
間奏から盛り上がる部分、すごく良かったですね。

15, Na-de-na-deボーイ:
13同様、ライブでさえる曲でした。

16, スパイダー:
ここいら辺から、盛り上がり最高潮。この曲は腕を横に振るんでしたっけ?

17, 8823:
ライブ定番、18と合わせて、ライブ最高潮。ベースの田村さんは、5回連続ジャンプ、
後半の間奏は7回連続ジャンプ(さすがに前半よりも高さは落ちていましたが)

18, 俺のすべて:
お決まりのタンバリン、タンバリンは白い色でした。

19, 砂漠の花:
引き続き、ハンドマイク。舞台のへそ、観客と1mぐらいの距離まで前に出て歌っていました。
かなりの人が酔いしれていた模様。

20, 漣:
本チャン最後の曲、タイトル曲でもあり、しっとりとしていながらも、つややかな歌でした。



<アンコール>
21, 魔法の言葉:
待つ間もなく、アンコールスタート。

<MC>
田村さん:新潟古町でイタリアン(微妙な食べ物でした)。また新潟に食べに来ます。
テッチャン:年をとってくると、微妙に長い毛が生えてくる。
サキちゃん:エッとね、ウンとね。水曜日まで新潟にいました(会場ざわつく)。
十日町の方にスキーで。年で、スキーウエアーを地味なものと派手なもの、迷いました。
(結局地味なもの)
久慈さん:新潟の店員さんの対応がすごくいい。
マサムネ:子ども連れの人も最近増えている。
MC、いつもは分かりにくいMCが多いので子ども達に分かり易いように説明が、
難しいのがよくあるのですが、今回はみんなのMCの出来が良かったですね。
テッチャン:最近、MCの時に会場で起こるざわめきを密かに漣と呼んでいます。
マサムネ:さざなみCD、さざなみLP,と来て、さざなみMC、(会場大受け)

22, ハチミツ:
アンコールは確か2曲、これで終わりかなと思いきや、次の青い車へ

23, 青い車:
大サービスでライブは2時間をわずかに超えて終了。外は霙交じり。
その寒さを忘れさせる時間でした。

 
 


とーふさんからの投稿です。
 


 
 スピッツライブレポートトップへ     
コンサートチケット