スピッツ歌詞研究室    

スピッツ歌詞TOPライブレポート>あまったれ2005_11月18日[佐賀市文化会館]

ライブレポート

あまったれ2005_11月18日[佐賀市文化会館 ]
  ・・・by 黄葉


セットリスト
1. 空も飛べるはず
2. エスカルゴ
3. ワタリ
4. 白い炎
5. ナンプラー日和
6. 恋のはじまり
7. ロビンソン
8. ほのほ
9. スピカ
10. けもの道
11. 会いに行くよ
12. 夢じゃない
13. 夜を駆ける
14. 正夢
15. 甘ったれクリーチャー
16. メモリーズ・カスタム
17. 俺のすべて
18. みそか

アンコール
1.春の歌
2.8823
3.チェリー





11月18日。久しぶりの佐賀は、秋晴れという言葉がぴったりの青空でした。
開場時間に到着するはずが、予想外の渋滞に巻き込まれ、開演5分前に到着。
最初のMCは天気の話から始まりました。

マサムネさん「昨日佐賀入りしたのですが、昨日は曇ってました。今日は晴れて良かったです」

というようなことでした。
楽屋で丸ぼうろを食べたという話から、

マサムネさん「佐賀では丸ぼうろっていうと、あの茶色の大きくまあるいものを言うんですが、
東京での丸ボーロはあの小さくて、白いもののことなんですよね。
佐賀で丸ボーロのこと何ていうんだっけ?え、栄養ボーロ??」

会場がざわつく中で、2人女性の声が。
「えいせいボーロ!!」

マサムネさん「えいせいボーロっていうのか〜。」

というような内容でした。私も丸ぼうろというと、茶色の大きいのしか思いつきませんでした。
次は目からウロコシリーズでした。

マサムネさん「カントリーマアムのしっとり感は餡っていうようなことをやってます。」

ここで、九州限定(福岡と佐賀だけかも)の目からウロコが出ました。

マサムネさん「この辺りでは田んぼに足がはまることを、ずぼる(ぬかるっておっしゃっていたような気もしますが)っていうんだけど、あれは方言です」

会場がざわつく

マサムネさん「あと、ランドセルをからうっていうんだけど、あれも方言。」

そう、共通語では背負うって言いますよね、と思いながら頷いていました。

マサムネさん「それから、最近テレビで仕入れたネタなんですが、チャックってズボンとかのファスナーのことを言いますよね?」

会場「言うー!!」

マサムネさん「あれは…」

会場の誰かが
「巾着ー!!」
って叫んだので、

マサムネさん「あ、先に言われてしまった。そうです、チャックは巾着が語源なんです。」

会場「へぇ」

といった感じでした。
やはり、ご当地ネタが多かったです。

そして、会いに行くよの後にMCがあったのですが、夢じゃないの後に、会場の中の男性が
「いい歌ですねー!!!」
と叫んだので、会場が笑いに包まれました。
そこで、マサムネさんは、
「ありがとうございます」
と少し照れた感じで応えていらっしゃいました。
この場面がかなり印象的でした♪

そして最後の紹介MCで田村さんのトークで、
「ムツゴロウ広場で、演奏してたんだけど、誰も見向きもしてくれなかった」
ということをおっしゃってました。誰も気づかなかったなんて…っと驚いてしまいました。

全体的に地元の話題が多かったので、共感できる所がたくさんありました。
ライブは初参加だったのですが、和やかなムードで緊張もほぐれました。
マサムネさんが「楽しいです」とおっしゃっていたことも、私にとっては嬉しかったです♪

 
 


黄葉さんからの投稿です。
『佐賀のレポートは先に書かれてしまったので、私は補足する形で書かせていただきます。 』
とのことでしたが、補足どころか、完璧じゃないですか!!!
既に投稿済のライブでも、ぜひライブレポートを投稿して下さい。
人によって、記憶が違うし、感じ方も違うものです。



 
 スピッツライブレポートトップへ     
コンサートチケット