スピッツ歌詞研究室
スピッツ歌詞TOPスピッツ歌詞解釈ハチミツ愛のことば >円さん

愛のことば by 円


(注) 歌詞 でありません。曲の意味を勝手に解釈したものです。

夢も希望も持てず、周囲の重圧におびえながら
必死に「優等生」を演じてきた。
でも、もう耐えられない。こんな生活から抜け出したい。

そんな時、偶然同じ悩みをかかえていた君が
現実逃避の旅に出ないかと誘ってくれた。

昔とある映画の舞台にもなっていた、古い遺跡のある国を訪れた。
空気も道路も何もかもが、日本とは違っていた。

こんな体験ができるのは、すべて君のお蔭だ。
君には感謝してもしきれないよ。
土埃が舞うなかで、君とおしゃべりしながら
僕はきちんとお礼を言う機会をずっと探していた。

かつて激しい戦争が行われていた国を訪れた。
空を見上げ、空中戦で命を落としていった兵士たちのことを思った。

空襲の被害にあった街と、そこに住んでいた人々に思いを巡らせた。
僕らと同じ命のある人間なのに、生まれた国が違うだけで
こんなにも苦しまなくてはならないのか…。

逃避目的の旅だったはずなのに、行先で現実を突きつけられた。
この現実を変えることはできないのか?
傷つく人々を、戦争の脅威から守ることはできないのか?
絶望した君は「私たちにそんなことできないよ」と言うけど、
本当にそうなのか?

雲間から一筋の光がこぼれている。
今にも神様が降りてきそうな、神々しさを感じる光景だ。
それを見て「この世界を守りたい」と強く思った。

そう思えるようになったのは、君のお蔭だ。
僕は、旅に出ることで広い世界を見ることができた。
守りたいと思えるような愛しい世界を知った。
僕の悩みなんて、ほんとうにちっぽけなものだとわかった。
全部、君のお蔭だよ。



円さんからの投稿です。



   
   
ハチミツ涙がキラリ☆歩き出せ、クローバー ルナルナ愛のことば
トンガリ'95あじさい通りロビンソングラスホッパー君と暮らせたら