スピッツ歌詞研究室
スピッツ歌詞TOPスピッツ歌詞解釈スピッツうめぼし>鬼の群れも木陰でうたたねさん

うめぼし by 鬼の群れも木陰でうたたね


(注) 歌詞 でありません。曲の意味を勝手に解釈したものです。

まず、この『うめぼし』は草野マサムネにとっては大事な大事な曲であるとい
うことを理解して欲しい。
シングル『スカーレット』のC/WにLive版が収録されたことからも強く思い
入れのある曲なのだ。
シモネタ的な歌では絶対ないのだ!!!

テーマは“いじめ”
“いじめ”をイメージして歌詞を読むとそれぞれの言葉が理解できると思う。
“君”がいじめが原因で命を絶った後の“僕”の歌。

2度出てくる、

“知らない間に僕も悪者になっていた”

これはいじめの傍観者になってしまったってこと。
そしてメインの、

“うめぼしたべたい僕は今すぐ君に会いたい”

これは毒を飲んでこの世を去り今すぐ君に会いたい。

“値札のついたこころ枠からハミ出せない”

これは人間の上下関係。学生時代はありますよね。キャラというか役割みたい
なもの。

“優しい言葉だけじゃ物足りない”

何を言ってもどう誤っても取り返しがつかない。罪悪感に苛まれる僕

いろいろな考察はあっていいと思うけど『うめぼし』は決して変な歌ではない



鬼の群れも木陰でうたたねさんからの投稿です。



   
   
ニノウデの世界海とピンクビー玉五千光年の夢月に帰るテレビタンポポ
死神の岬へトンビ飛べなかった夏の魔物うめぼしヒバリのこころ