アミノ酸の効果

アミノ酸の効果

筋力アップアミノ酸

ロイシン、イソロイシン、バリン

この3つのアミノ酸は、BCAA(分岐鎖アミノ酸)と呼ばれ、スポーツ時のサプリメントとしてよく使われています。 BCAAは、筋肉組織の原料となるので、筋力アップにつながります。 また、筋肉痛のもととなる乳酸の発生を抑える作用があるので、翌日に疲れを残さない作用もあります。また、激しい運動をするときは、筋タンパク質を促進するアルギニン、消耗が著しいグルタミンも摂取することが望ましいです。

集中力アップアミノ酸

チロシン、アルギニン、フェニルアラニン、イソロイシン、グルタミン酸

この5種類を別名ブレーンアミノ酸とも呼ばれています。 これらは頭脳の働き、集中力アップに格段の効果をもたらします。脳の情報が伝達するのを手助けしたり、記憶物質が崩れるのを補修し、記憶を長持ちさせる働きもあります。 特に、チロシンは、脳の神経伝達物質ドーパミンの原料となり、脳の働きを活発化させます。頭を使う会社勤めのサラリーマンや、受験勉強中の学生もお勧めです。

免疫力アップアミノ酸

グルタミン、アルギニン

体内には細菌やウィルスから身体を守る免疫細胞がおよそ5千億個あるといわれています。その免疫細胞を強化する働きがあります。 更に、ビタミンA、C、Eを同時に摂取すると効果が高まります。 アルギニンは病原体を無毒化するマクロファージを活性化する作用があり、グルタミンは、免疫細胞の発育と増殖を促進させる作用がある。

肌荒れ改善アミノ酸

プロリン、アルギニン、システイン

肌再生に欠かせないコラーゲンの原料となるのが、プロリンとアルギニン。 また、シミを防ぐ効果があるのがシステイン。紫外線を過剰に浴びると、メラニンの過剰生成が起こり、肌にシミを生成します。このメラニンの過剰生成を防ぐのがシステインです。コンドロイチン硫酸とビタミンCと同時に摂取すると効果が高まります。特にビタミンC不足は深刻な肌荒れにつながります。