アミノ酸のリラックス効果

アミノ酸のリラックス効果

緑茶の成分「テアニン」とは?

アミノ酸の「テアニン(別名:γ-エチルアミノ-L-グルタミン酸)」には、リラックス効果があると言われています。 
人がリラックスしているかどうかを測る目安のひとつに脳波があります。リラックスしている状態で出る脳波がα波です。
テアニンを摂取していない時には脳波に目立った変化が見られないのに対し、テアニンを摂取した時、脳の広範囲でα波が増大しているのが測定されました。
テアニンとは、お茶に含まれるアミノ酸の50%~60%を占めているお茶特有の成分です。
緑茶には、「玉露」「かぶせ茶」「煎茶」等がありますが、その中でも「玉露」は、テアニン含有量が多いことで知られています。その次に多いのが「かぶせ茶」です。この理由は、茶葉の育成方法にあります。
お茶は、根っこから養分を吸って、根でテアニンを作ります。
そのテアニンは、茎を通って葉に運ばれ光を受けて光合成をします。その時テアニンはカテキンに変化します。 玉露は、収穫する1ヶ月程度前に黒い覆いをかけて、日光を遮断します。
黒い覆いをすると光合成が抑制され、テアニンからカテキンへの変化が遅くなり、その結果、葉のテアニンの量が増えます。
そのため、黒い覆いをすると味が「まろやかな旨みを持った味」になります。
その日光の遮断を1~2週間としたものが、かぶせ茶と呼ばれています。

テアニン含有量 : 玉露>かぶせ茶>煎茶

カテキン含有量 : 煎茶>かぶせ茶>玉露

テアニンの主な働き

●リラックス効果
太陽化学研究所と愛知淑徳大学が共同で行った研究では、テアニンによってα波の発生が高くなっていることが明らかになっています。(α波とは、リラックスしているときに出る脳波です。)

●睡眠の質改善効果
リラックス効果の延長で、睡眠の質を改善する効果があることが明らかになりました。

おいしいお茶の紹介

お茶といえば、有名なのは静岡茶と宇治茶でしょう。
おいしいお茶を飲むためには、新鮮なお茶を農園から直接買うのが一番です。 農園からお茶を買うなんて、一般人には無理と思っているあなたは時代遅れ! 今はネット時代です。 農園もネット販売する時代になりました。

楽天で日本茶の売れ筋ランキングを見る

楽天の売れ筋-静岡茶限定ランキング

楽天の売れ筋-宇治茶限定ランキング